出産内祝いで贈る贈り物はカタログギフトで決まり

好きな商品を

出産内祝いはカタログギフトを贈りませんか?贈られた人は自分で好きなモノが選べるので。喜ばれること間違いなしですよ!

一年生になったらランドセルを人気のあるものから購入すると良いでしょう。ハズレがなくお子様も絶対に喜んでくれます。

出産が合った場合には、出産祝いをもらうことが多くあります。
人によっては、なかなか手に入れることのできないような高級品を頂くというようなこともあります。
出産祝いをくれた人や、普段お世話になっている人に生後1ヶ月を過ぎた頃に送るものが、出産内祝いです。
出産内祝いには、出産をお祝いしてくれてありがとうございます。という気持ちを込めて相手に何かを贈るということが大切です。最近人気があるものが、カタログギフトというものです。
カタログギフトには自分で商品を選んで相手に贈るものと、相手にカタログそのものを贈って、相手に好きな商品を選んでもらうというものがあります。
相手はカタログから好きな商品を選び、付属のハガキやインターネット等で商品の注文を行います。
あとは、業者の方から選んだ商品が贈られてくるという仕組みです。
カタログギフトは、種類も多く、雑貨から食品まで多くのものを選ぶことができます。
本当に必要としているものを選ぶことができるので、多くの人に喜ばれています。

出産内祝いは出産祝いの3割から5割の金額が相場とされています。
相手の関係性や頂いたお金によって、相場に関わらず相手の喜んでもらえるような商品を贈るということもあります。
しかし、出産祝いをいただいていない相手に対しては、あまり効果なものを贈ってしまうことは相手に気を遣わせてしまうので、あまりよくありません。
定番とされている商品はタオルやタオルケット、キッチン用品、食品等があります。

CONTETNS

贈り物を選ぶ

出産内祝いは何を用意したらいいかわからないということもよくあります。出産祝いの3割から5割程度が相場と言われていますが、相手に感謝の気持ちを伝えることが大切なので相手に喜んでもらえるようなものを送ることが大切です。

READ MORE

ギフトのサービス

出産内祝いのカタログギフトのサービスを行っている業者には、様々なサービスを付与していることがあります。包装紙やグリーティングカード、のし紙や割引サービスがあることがあります。

READ MORE

PICK UP

お祝い品をおくる

出産内祝いは、室町時代から行われている行事で、生後1ヶ月を過ぎたあとにお世話になった人達やお祝いを行なってくれた人にお祝いを送るというものです。近年カタログギフトという形式も流行っています。

READ MORE